老化を早める行動はしない

普段何気なくとっている行動が、老化を早めることにつながっていることをご存知でしょうか。アンチエイジングや美容のためにも気をつけたい行動をいくつか挙げてみます。 夏の暑い時期は、ついついエアコンをつけっぱなしで寝てしまいがちです。エアコンをつけっぱなしで寝ると体が冷えすぎてしまい、血流が悪くなることで肌荒れや薄毛、生活習慣病の悪化を招く原因になります。タイマー設定にするなどして、上手にエアコンを活用するようにしましょう。 猫背や頬杖を突くなどの姿勢の悪さも、骨盤や背骨、顔の骨の歪みの原因になります。体が歪むことにより、リンパや血液の流れが滞り代謝が悪くなり、シワやむくみを招くばかりではなく、太りやすい体になってしまいます。鞄をいつも同じ側で持ったり、足を組むことも同様に体の歪みの原因になります。いつも正しい姿勢を意識することで、老化を防ぐと同時に見た目の若々しさも保ちましょう。 美容やダイエットのためにと運動をしている方も多いと思われますが、激しい運動は美容やアンチエイジングの大敵である活性酸素を大量に発生させる恐れがあります。体に負担の少ないウォーキングや息切れしない程度の水泳など、適度な運動レベルを把握して運動を行うことが大切です。また、早食い、大食いも活性酸素を一気に発生させるので、早食い、大食いの人は老化が早いと言われています。食事の際は、抗酸化物質を多く含む食材を取り入れ、ゆっくりと食事を楽しむよう心がけましょう。 肌の老化につながる行動の代表的なものはお湯での洗顔や食器洗いです。冬の時期は寒いからと食器洗いはお湯でやってしまいがちですが、お湯で洗うと手に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。できるだけ、お湯の温度は低めに設定し、手袋を着用して行うようにしましょう。また、お風呂で体をゴシゴシ洗うのも皮脂を取りすぎてしまい、皮膚を傷つけ黒ずみを作る原因になってしまいます。 美容とアンチエイジングのためにも、日頃の行動を一度見直してみてはいかがでしょう。

睡眠不足などは普段から気をつける

睡眠不足が続くことにより、美容にも大きな影響を与えることになってしまいますので、普段から充分な睡眠時間を取るように心掛けましょう。まず、美容を考えたときに十分な睡眠時間を確保することにより、細胞の再生も行いやすくなってきます。 寝ている間には・・・・クリック

Copyright (C) 老化の防止は何がポイント All Rights Reserved.